aedは、人命救護のために開発された道具で、駅やショッピングモールなど、人が集中するところに、設置されております。
また、スイッチを入れるとガイダンスが流れるので、その指示通りに注意して使うことによって、使う人の安全も確保されます。
こういったものを活用することによって、多くの人命を救助することが出来れば、その存在価値が高まります。
aedは、そういった、人命救助の可能性を広げるものとして注目され、その使用方法についても、自動車教習所など様々なところで実習や訓練または説明などがなされており、かなり一般化しております、そして、そういった説明は、YouTubeなどの動画でも見ることが出来るので、多くの人が人命救助を行うことが出来るようになります。
ただ、人命救助も物理的な力を他人の人体に加えるわけなので、それなりの技術が必要です。
たとえば、心臓マッサージが強すぎたり、人工呼吸のタイミングが悪いことなども人命救助の可能性を下げる原因となります。
そういったことも、全く措置を施さないよりは、マシかもしれませんが、せっかく、人面救助を行うならば、その成功率は上げておくべきであります。
そのための技術を高める方法として考えられるものは、身近な人とスキンシップを伴うコミュニケーションを取るということが第一に考えられます。
これは、自分以外の人と物理的に接することに慣れるということで、いざというときの物理的な力のかけ具合の参考にできるということであり、人命救助の有効な対策であると考えられます。
そして、そういった人と、aedについて語り合うと、なおさら、その効果が高まります。
aedは電気ショックによって心臓の活動を復活させる装置ですが、電気ショックというのは、その専門家でない限り、あんまり馴染みが無いものでもありますので、aedについて語り合う機会をたまには作る必要性があるかもしれません。
こうした、人命救助はいつ何時必要とされるかは、予測が困難であり、人命救助の必要性があるときに、誰もが率先して、行うことが出来るような環境を作るためには、やはり、人命救助について語り合う場を設けたり、aedを見かけたら、もしもの時のことを、ふと考えるような習慣をつけておくことが望ましいので、まず、そういった環境を作っていくために、自分からそういった行動を起こしていき、ほかの人の手本になれるようにするべきであります。
そうすると、駅やショッピングモールに出かけるときも、皆が安心感を持って行動することが出来る社会が実現するので、そういった社会は、自分たちの存在価値も高めてくれるものと考えられます。