防災訓練でaedの操作を学んでおこう

毎年、今住んでいるマンションの住民で、消防の方と連携しながら防災訓練をしています。
その際は、消火器の使い方をならったり、いざというときの避難場所を確認したりするわけですが、その中でもやはり大切なものはaedの操作の訓練だと思います。
さかのぼること数年前、私は学生時代に救命講習の上級の資格を取得しました。
上級と聞くと何か大変立派そうな資格名で、さぞやたくさん勉強をしなければならないものと誤解を受けることもありますが、午前・午後を通じた丸一日の講習で修了できるものなのです。
その時、初めてaedに触れ、その操作等について学びました。
そもそも救命講習を受けようと思ったのは、aedで野球のボールが胸に当たり心肺停止に陥った高校生が救われたというできごとを知ったからです。
いち市民でも、使い方さえ知っていれば、命を救う手助けができることもある、このように純粋に思わされたからなのです。
マンション住民での講習は、消防の方が用意してくれる講習用aed(音声等は出るが、電気ショックは行われないもの)と大人のマネキン、子どものマネキンを使って行われました。
マネキンは、人工呼吸の講習にも用いますが、その一環としてaedを模擬的に使って講習をしました。
最終的には、人工呼吸とaed使用はセットの救命活動となるので非常に合理的です。
マンションでの講習が褒められるべき点は、住民の子どもも親に連れられて参加をするということです。
実際に子どもらが心室細動に陥った傷病者に遭遇し、aedの使用に迫られたとき、どこまで冷静に対処できるかどうかは不明ですが、講習・教育という観点から考えれば、小さいころからaedというものがあるのだ、これが命を救うものになりうるのだという風に意識づけられることが何より大切だと思います。
また、これは大人も子どもも共通して言えることですが、講習を継続して受けると、普段の生活の場の中で、aedが視野に入ると、それに気を掛けるようになります。
意識的に探すわけではないでしょうが、映像記憶として、例えば「エレベーターの横にあったかも」、「駅の東口にあったかも」とaedの保管場所が頭に入っていれば、いざというときにすぐに動き出すことができるようになります。
防災訓練と聞くと、なかなか面倒くさくて参加したくないと思う人も多いかもしれませんが、せいぜい一年に一度の行事ですから、積極的に参加し、と同時にaed操作についても興味関心を持ってみてはどうでしょうか。